So-net無料ブログ作成

往生安楽国 [日常雑記]


お祖母さんの三十三回忌。
おっ母さんと二人で寺に行って、正信偈やら和讃やら唱えて簡単に終了。

昔うちへ来ては酔っ払っていた坊さんの、孫が住職になっている。
次は五十回忌ですよみたいな話しかなかったので、なんだか寂しいわ。

 →幻泉館日録:生命の光が昇っていく

-----------------------------------------------------------
 ♪ 帰命無量寿如来
 ♪ 南無不可思議光

ああ、不思議な光よ!
いとうたかお(ペケ)さんが歌う「解き放たれる」を思い出す。

 ♪ 生命の光が昇っていくよ
 ♪ 俺の身体通り抜け
 ♪ もういつだって
 ♪ 解き放たれる

 ♪ I see my light come shining
 ♪ From the west unto the east.
 ♪ Any day now, any day now,
 ♪ I shall be released.

結局頭の中では、ボブ・ディランの「アイ・シャル・ビー・リリースト」 を歌っているのだ。
-----------------------------------------------------------

 →幻泉館日録:五つの赤い風船「美しいものは」(1973年)

-----------------------------------------------------------
宗教は阿片であるという命題は正しいと、私は考えています。
だから帰依なんぞしていない。

ただ、寝ぼけた頭で和讃や正信偈を唱するのは好きだ。
みな自分の声の高さで、時々間違えたりしながら読み上げていくと、西洋音楽の平均律にはない、深いハーモニーが生まれる。
身をゆだねていると、まさに往生安楽国~という感じがしてくるわ。
-----------------------------------------------------------

 →正信偈練習

そういえば東京新聞に五木寛之さんが『親鸞』を連載しているのをちょこちょこと読んでいる。
今日が158回目で、比叡山で修業中の範宴が六角堂に通い始めたあたりです。


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

親鸞和讃集 (ワイド版岩波文庫)

親鸞和讃集 (ワイド版岩波文庫)

  • 作者: 名畑 応順
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2001/05
  • メディア: 単行本



教行信証 (岩波文庫)

教行信証 (岩波文庫)

  • 作者: 親鸞
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1957/10
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0