So-net無料ブログ作成

気分はもう戦争 [反戦]

いいかげんにしろよ。
あんたには憲法遵守義務があるだろうが。

今は富士霊園に眠る「昭和の妖怪」が歴史に名を残すとすれば、日米安保条約の強行採決だろう。

 →Wikipedia: 岸信介

----------------------------------------------
警察と右翼の支援団体だけではデモ隊を抑えられないと判断し、児玉誉士夫を頼り、自民党内の「アイク歓迎実行委員会」委員長の橋本登美三郎を使者に立て、暗黒街の親分衆の会合に派遣。錦政会会長稲川角二、住吉会会長磧上義光やテキヤ大連合のリーダー尾津喜之助ら全員が手を貸すことに合意。さらに三つの右翼連合組織にも行動部隊になるよう要請。ひとつは岸自身が1958年に組織した木村篤太郎率いる新日本協議会、右翼とヤクザで構成された全日本愛国者団体会議、戦時中の超国家主義者もいる日本郷友会である。Far Eastern Economic Review誌によると「博徒、暴力団、恐喝屋、テキヤ、暗黒街のリーダー達を説得し、アイゼンハワーの安全を守るため『効果的な反対勢力』を組織した。最終計画によると1万8千人の博徒、1万人のテキヤ、1万人の旧軍人と右翼宗教団体会員の動員が必要であった。彼らは政府提供のヘリコプター、セスナ機、トラック、車両、食料、司令部や救急隊の支援を受け、さらに約8億円(約230万ドル)の『活動資金』が支給されていた。」と書かれている。
----------------------------------------------

これを尊敬しているという現首相は、その言や良し、「暴力団の組織と関係があれば、私はただちに総理大臣も衆院議員もやめる」そうだ。

さっさと辞めなさい。
それとも、言を左右にして平気で嘘をつき続けるのか。

BlogPet 9条を殺すな!
幻泉館 リンク用バナー

気分はもう戦争

気分はもう戦争

  • 作者: 矢作 俊彦, 大友 克洋
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2004/09
  • メディア: コミック


さよならにっぽん

さよならにっぽん

  • 作者: 大友 克洋
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 1982/01
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0