So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

井上陽水「自己嫌悪」 [音楽]

自己嫌悪といっても、私の話ではない。
そういえば遠い昔の懐かしい会話。

「俺、このごろ自己嫌悪なんだ」

なんのことはない、最近そんな言葉を覚えたということにすぎない。
だいたい中学生ぐらいでそういう会話は終わらせたいものだ。
もっとも、このごろは流行らない言い回しなのだろう。

「俺様、こんなにすごいんですが、何か?」

こんな手合が多いようだ。
かかわりたくないものだ。
いや、そういう話でもない。
陽水さんの「自己嫌悪」という曲のことなのだ。

「桜三月散歩道」を聴き較べるために古いCDを引っ張り出して気づいた。
あれ? 曲が足りない?
昔のLPには、もう一曲あったじゃないか。
それが「自己嫌悪」。

 ♪ めくらの男は静かに見てる 自分の似顔絵

この歌詞が災いして、CD化される時に抹殺されたらしい。
手元のCDを眺めている分には、オリジナルのアルバムにそういう曲が入っていたという事実さえ、わからない。

今の自主規制は、昔の墨塗り検閲のような愚かな真似はしない。
そんなことはまったくなかったかのように、本当に消されてしまうのだ。

ところが、検索してみたところ、2001年に出た紙ジャケ[LIMITED EDITION]では、この曲が復活しているらしい。
どんどん自主規制による「言葉狩り」が進む中で、珍しいことだ。
ダブってしまうけど、これは注文しなければならんなあ。

吉田拓郎さんはSONY時代、井上陽水さんはポリドール時代のアルバムがいい。
もちろん、それを聴いた当時の自分が高校生だったという事情もあるのだろう。
そんなに枚数が多くないので、復刻CDを簡単に揃えることができる。

と思ったら、拓郎さんの『今はまだ人生を語らず』(1974年) は入手不能になってしまった。
一方、陽水さんの『氷の世界』(1973年)は、曲が削られたのだが、ちゃんと完全な形で復刻された。
これがSONYとポリドールの違いだ。
もちろんその姿勢は、直接担当者の意志によって決められた姿勢だ。
おそらくたった一人の決断が、こんな大きな違いを生んでしまう。
おい、『今はまだ人生を語らず』(1974年)の再プレスを認めないあんたは誰なんだ。
言葉を狩っているのはお前だ。

井上陽水『氷の世界』は、紙ジャケ[LIMITED EDITION]でない盤も現行商品なので、ご購入の際はお気を付けあれ。
プラケースの通常盤には「自己嫌悪」が入っていません。
楽天市場の店では、紙ジャケ版は見つかりませんでした。
amazon.co.jpには在庫ありました。

井上陽水『氷の世界』(1974年)
井上陽水『氷の世界』
1. あかずの踏切り
2. はじまり
3. 帰れない二人
4. チエちゃん
5. 氷の世界
6. 白い一日
7. 自己嫌悪
8. 心もよう
9. 待ちぼうけ
10. 桜三月散歩道
11. Fun
12. 小春おばさん
13. おやすみ

BlogPet

幻泉館 リンク用バナー


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0