So-net無料ブログ作成

ひとり遊び [音楽]



 →YouTube: 森田童子「ひとり遊び」




---------------------------------------------------------------------------
「海が死んでもいいヨって鳴いている」ですが、リクエストがあったので・・色々考えた?のですが、遠い異国の方でしたので、期間限定でupすることにしました。五十一歳の森?田童子です。なぜこの唄だったのでしょうか・・きっと伝えたかったものがこの唄にある?のでしょうか・・「親の期待通りでないぼくの姿」・・森田童子は森田童子です・・永遠?に・・。
---------------------------------------------------------------------------
これは森田童子自身の声です。2003年のベスト盤の最後に入っ?ています。本当に普通の主婦をしていたのだなぁって言う感じです?が、ヘッドホンで聞くと、森田童子らしい息の継ぎ方の分る一曲で?す・・かなり緊張していたのでしょう・・でも、私たちの森田童子?は森田童子でしかないのです。?
---------------------------------------------------------------------------

そうなんだ。
単なるベスト盤かと思ってた。
新録音があったんですね。

森田童子は1975年から1983年の間に、7枚のオリジナル・アルバムを発表している。
90年代のテレビドラマや映画で「ぼくたちの失敗」や「たとえばぼくが死んだら」が使われたことでリバイバルヒットする。

非常に時代錯誤な印象を与えたことだろうが、元々の70年代であっても、森田童子は十分に時代錯誤的だった。
森田童子を名乗るこになる少女は、たぶんおそろしく早熟で、そして急速に変わっていく時代に、ひどく傷ついたのだろう。

どうしてこの曲を歌ったたんだろう。

 →幻泉館日録:森田童子『グッドバイ』(1975年)

Amazon.co.jpのマーケットプレイスでは、最低価格でも4,480円の値が付けられていた。

 →ぼくたちの失敗~森田童子ベストコレクション~

早稲田鶴巻町の夜(1978年:幻泉館主人撮影)
早稲田鶴巻町の夜 1978年


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

タグ:森田童子
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0