So-net無料ブログ作成
検索選択

Mason & Dixon [書籍と雑誌]



Mason & Dixon


日本語訳が出るというので、埃にまみれた原著を引っ張り出してみました。
これ、読んでないんだよなあ。

えっと、1997年か。
フランスワールドカップの最終予選で盛り上がってた頃か。

レターサイズの上製本で、本文が773ページあります。
出てすぐに買ったんでしょうね。
今はペーパーバックで安く出ています。

----------------------------------------------------
Snow-Balls have flown their Arcs, starr'd the Sides of Outbuildings, as of Cousins, carried Hats away into the brisk Wind off Delaware,― the Sleds are broiught in and their Runners carefully dried and greased, shoes deposited in the back Hall, a stocking'd foot Descent made upon the great Kitchen, in a purposeful Dither since Morning, punctuated by the ringing Lids of various Boilers and Stewing-Pots, fragrant with Pie-Spices, peel'd Fruits, Suet, heated Sugar,― the Children, having all upon the Fly, among rhythmic slaps of Batter and Spoon, coax'd and stolen what they might, proceed, as upon each afternoon all this snowy Advent, to a comfortable Room at the rear of the House, years since given over to their carefree Assaults.
----------------------------------------------------

冒頭の一文であります。
長いっすね。
名詞がやたらに大文字で始まっているのが、異様です。
これでめげたんでしょうかね。
邦訳が出るまでまだ少し間があるので、できるだけ読んでおきましょうか。


Mason & Dixon


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0