So-net無料ブログ作成

エレックレコードの時代 #2 [書籍と雑誌]

2007年の最後に買ったのが、アーサー・ビナードさんの『日本の名詩、英語でおどる』と、この『エレックレコードの時代 II』。
タイトルもデザインも内容も『エレックレコードの時代』の続編なのに、なぜか版元が変わっています。
どういう事情かしらん。
前は「幻のエレックレコード 編」という副題が付いていましたが、今回は「エレックレコードの精霊たち 編」だそうです。

エレックレコードの時代

『エレックレコードの時代』の著者門谷憲二さんは泉谷しげるさんが歌っていた「白雪姫の毒リンゴ」の作詞者として名前を覚えていました。
本を読んで、門谷さんがエレックの社員だったことを知って驚きました。
何もないところから新しくエレックを動かしていった、門谷さんの青春回顧録です。

続編は、やはり旧エレックにいて、新しく生まれた現エレックの社長である、萩原克己さん。
門谷さんの著書の中では、萩原さんがナイアガラレーベルを立ち上げたり、山崎ハコをプロデュースしたりと、末期のエレックで孤軍奮闘していた様子が描かれている。

 →エレックレコード社長のべらんめえブログ

ああ、萩原さんはマックスで演奏してたんだ。
吉田拓郎さんのバックバンド。
最初のアルバム『青春の詩』は、A面をマックスが演奏しています。

というあたりまで読みました。

 →幻泉館日録:エレックレコードの時代

 エレックレコードの時代II
[付録1] 唄の市 珠玉名作選CD
#1 春のからっ風/泉谷しげる
#2 ちどり足/古井戸
#3 夕暮れ/佐藤公彦
#4 母に捧げるバラード/海援隊
[付録2]
復刻CDジャケット SELECTION BOOK

 エレックレコードの時代
[付録1] 幻の放送禁止楽曲CD
#1 戦争小唄/泉谷しげる
#2 ブスにもブスの生き方がある/まりちゃんズ
#3 悲惨な戦い/なぎらけんいち
#4 先天性欲情魔/泉谷しげる
[付録2]
エレックレコード総合目録 1976年版(縮刷)

BlogPet 9条を殺すな!
幻泉館 リンク用バナー


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0