So-net無料ブログ作成

高田渡生誕会・58 #1 [音楽]

日曜日にあった「高田渡生誕会・58」。
今回は「わたしはわたしよ」と副題が付いています。

高田渡生誕会・58

開演前には前回と同様、順平さんのフィドルで高田渡メドレーです。
それがピアノの音に変わったところで、バーボン・ストリート・ブルース・バンドの登場です。

●BSBバンド
 佐久間順平(ギター、フィドル、マンドリン)
 大庭珍太(ベース)
 Annsan(パーカッション)
 竹田[金]裕美子(ピアノ、アコーディオン)
 今井忍(ギター)

司会進行は風太さんですよと言いながら、順平さんが話をしています。
今回のプロデュースは順平さんで、BSBバンドが色々な人のバックに付きます。

●佐藤GWAN博
 「夕暮れ」
 銀座のライオンへ渡さんと飲みに行ったという話をします。
 そういえば、ライオンで働きながら学校に通っていた子がいました。
 今頃は看護士として活躍しているかなぁ。

●宮武希
 「鎮静剤」
 バンドの演奏が、渡さんのギターを模したようなアレンジでした。
 迫力あるわぁ。

●いとうたかお
 「風」
 大御所たちがなんだか急に老け込んだような感じがする中で、ペケさんはとても若いです。

ここで風太さんが司会役に入ります。

●ハンバートハンバート
 「ブラザー軒」
 「長いこと待っていたんだ」
  コットンフィールズみたいなハンバートの曲です。
 「夜明け」
  NHKの番組で加川良さんと歌っていたハンバートの曲。
 「生活の柄」
 「喪に服すとき」
  これもハンバートの曲。
  泣いてしまいそうな詞です。
  ♪ いつまでも眠ろう
  ♪ 何度でも生きよう
  ♪ いつか再びめぐり逢える日まで

●律とイサト
 中川イサト(ギター)
 村上律(バンジョー)
 宮崎勝之(マンドリン)
 古橋一晃(ギター)
 風太さんは「律とイサト」と紹介します。
 が、ご本人たちは「武蔵野レビュー」だと言ってます。
 最初のアルバムの後の喧嘩別れの話を風太さんがしてくれました。
 「吉祥寺1972」
 「ダンラン」
 「花から人へ 人から花へ」
 EARLY TIMES STRINGS BANDですね。
  
●松田ari幸一
 歌だと緊張すると言いながら、ギターを弾き語り。
 松田幸一(ギター、ハーモニカ)
 西海孝(ギター)
 岸本一遙(フィドル)
 昨年、武蔵野タンポポ団にいた若林純夫さんが亡くなりました。
 若林さんが歌っていたのがこれ。
 「サンフランシスコ湾ブルース」
  ♪ 一緒に歩こうよ 吉祥寺の町を
 「The Water Is Wide」
  私は高校生の時にこの曲のPP&Mバージョン「There Is A Ship」をステージで歌いましたわい。
 「靴が一足あったなら~おやすみアイリーン」

まだまだ続きますが、ここでちょっと一休みします。

BlogPet 9条を殺すな!
幻泉館 リンク用バナー


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1