So-net無料ブログ作成
検索選択

檸檬 #3 [飲み食い]


「不適切な会計処理があった」として行革担当相を辞任する人は「さだ」ではなくて「さた」だそうだ。
地獄の沙汰も金次第、の「さた」ね。
さだまさしさんとは関係ないんだな。

 →佐田玄一郎

東京は神田駿河台、つまりお茶の水駅の周辺はなんだかレモンだ。
これは、さださんの歌「檸檬」とは関係ない。
聖橋からレモンを投げるやつなどいない。
投げたら怒られる。

丸善という本屋さんがあるのは、檸檬っぽい。
ただし、梶井基次郎「檸檬」はもちろん京都の丸善だ。

 →青空文庫:檸檬

実はレモン画翠という画材屋さんのためかもしれない。
高校生の頃に初めて訪れたのだが、なんだか憧れのお店だった。

 →レモン画翠

「創業大正12年」には驚いた。
梶井基次郎「檸檬」が大正14年だから、それより早い。

あ、違う。
創業時は洋画材料卸商「今井鉄次郎商店」だったそうなので、レモンは後付けだ。
レモン画翠より喫茶レモンの方が先だったんだな。

 →レモン画翠 サービスインフォメーション

レモン 2006年12月27日

うちのレモン。
無骨だけど、さわやかな良いかおりです。
もちろん無農薬で、ワックスもかけていません。
先日5、6個採って蜂蜜に漬けてみました。

とても堅いのです。
これは意外。
少し絞って、皮を刻んで……今夜は水炊きにしました。

 →幻泉館日録:檸檬 #2

 →幻泉館日録:檸檬屋

 →幻泉館日録:檸檬

hinasetting.jpg 9条を殺すな!
幻泉館 リンク用バナー


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0