So-net無料ブログ作成
検索選択

昭和維新の歌 #2 [日常雑記]


トリノオリンピックはどうもスカッとするニュースがないなあ。

 →虹と雪のバラード

Love, Peace Life
Janet Lynn
Janet Lynn

「建国記念の日」の数日前から急に[昭和維新の歌]を検索して御来館のお客さんが増えた。

 →昭和維新の歌

 →夜の訪問者 #3

そうですか、やっぱりそういうものなんですか。

幻泉館なんかでそんな歌を調べてもしょうがないでしょう。
また若者を戦場に送りたいんですか。
そんなに戦争が好きですか。

1930年代から既に70年が経っています。
この昭和初期から逆に70年を遡ると、幕末から明治維新に至る1860年代になってしまいます。
歴史を誉め讃えているのではありません。
それぐらい時代錯誤だと言いたいのです。
70年前のアジテーションなんぞに頼らざるを得ないとは情けない連中が多いんですな。

だいたいそういうこけおどしのために、どうして漢語を持ち出すのでしょう。
嫌中嫌韓のくせに、屈原や懐王の故事を持ち出すのが、とても滑稽です。
不思議ですな。
やまとことばで勝負したらんかい。
なんちって。

濁世を憂え、大和心を尊ぶ清廉の士のはずのコイズミ首相が、実は薮大統領亜米利加の忠実な番犬であることなど、誰でもわかっているでしょう。
自民党をぶっ壊すことはしなかったけれど、日本はぶっ壊そうとしているようです。

外国資本への奉仕によって利益を得、自国の利益を抑圧するものを買弁と言うそうですよ。
買弁と書いて、今は「コイズミ」と読みます。

そうそう、コイズミさん、心の問題です。
だから、首相をやっている間に国家神道という戦犯宗教の宣伝はしないでいただきたいのです。
日本国憲法を遵守しようなどとは、まったく思っていないんですね。


幻泉館 リンク用バナー


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0