So-net無料ブログ作成
検索選択

URCシングルズ [音楽]

またamazonからギフト券が届いたので、何かないかと思ってうろうろしていた。
文庫の新刊を眺めたり、おなじみの名前を検索してみたり。
「いしいひさいち」「つげ義春」「つげ忠男」「田中克彦」「田川建三」
「Bob Dylan」「Neil Young」「春一番」「高田渡」……お。

12月15日に、URCのシングル盤を集めたシリーズが出るらしい。
1998年に東芝EMIから出た時は3枚のCDだった。
今回は2枚組み×2なので、少し曲が増えているはずだ。
しょうがない、買うか~?


URC シングルズ vol.1
1. イムジン河(ミューテーション・ファクトリー) 2. リムジンガン(ミューテーション・ファクトリー) 3. 坊や大きくならないで(トソン・コーン・ソン) 4. もしも平和になったら(トソン・コーン・ソン) 5. 大ダイジェスト版三億円強奪事件の唄(高田渡) 6. 大ダイジェスト版三億円強奪事件の唄(実況) 7. 転身(高田渡) 8. 電車問題(高田渡) 9. いやなやつ-ボクを郵便でおくりましょう(西岡たかし) 10. 退屈なうつりかわり-ポケットは空っぽ(西岡たかし) 11. 私の大好きな街(藤原秀子,中川砂人) 12. この道(藤原秀子,中川砂人) 13. 坊やの絵(ザ・ムッシュ) 14. ともだち(ザ・ムッシュ) 15. お父帰れや(赤い鳥) 16. 竹田の子守唄(赤い鳥) 17. 砂漠(西岡たかし) 18. 森・梟(西岡たかし) 19. オーソドックスなフォーク・ソング(小森豪人) 20. 青春のキャンパス(小森豪人) 21. あくまのお話(秘密結社○○教団) 22. アリス(秘密結社○○教団) 23. なあお母ちゃん(バラーズ) 24. この広い海に(バラーズ) 25. ホーチミンのバラード(高石友也) 26. ベトナムの空(高石友也) 27. 殺し屋のブルース(中川五郎) 28. うた(中川五郎) 29. 血まみれの鳩(五つの赤い風船) 30. まるで洪水のように(五つの赤い風船) 31. 追放の歌(休みの国) 32. 楽しいさすらい人(休みの国) 33. 九官鳥(やまたのおろち) 34. 明日なき世界(やまたのおろち) 35. 腰まで泥まみれ(中川五郎) 36. 恋人よベッドのそばにおいで(中川五郎)


URC シングルズ vol.2
1. 自衛隊に入ろう(高田渡) 2. 東京フォークゲリラの諸君達を語る(高田渡) 3. こもりうた(アテンションプリーズ) 4. 私が一番きれいだった時(アテンションプリーズ) 5. それから(六文銭) 6. 五年目のギター(六文銭) 7. あかりが消えたら(愚) 8. マリアンヌ(愚) 9. 悩み多き者よ(斉藤哲夫) 10. とんでもない世の中だ(斉藤哲夫) 11. 7月21日早朝に(山平和彦&ザ・シャーマン) 12. そっと二人で(山平和彦&ザ・シャーマン) 13. アナポッカリマックロケ(久保田誠) 14. 昭和元禄ぼけぼけ節(久保田誠) 15. されど私の人生(斉藤哲夫) 16. われわれは(斉藤哲夫) 17. 風がなにかを…(五つの赤い風船) 18. ふる里の言葉は(五つの赤い風船) 19. 男らしいってわかるかい(ザ・ディランII) 20. プカプカ(ザ・ディランII) 21. 教訓I(加川良) 22. ゼニの効用力について(加川良) 23. 風がなにかを…(仏語)(五つの赤い風船) 24. ポケットの中の明日(加川良) 25. その朝(加川良) 26. 夢は夜ひらく(三上寛) 27. 誰を怨めばいいのでございましょう(三上寛) 28. 青森県北津軽郡東京村(三上寛) 29. よいしょよいしょ(三上寛) 30. えんだん(五つの赤い風船) 31. 小さな夢(五つの赤い風船) 32. もう春だね(友部正人) 33. 乾杯(友部正人) 34. 僕の街(ザ・ディランII) 35. ガムをかんで(ザ・ディランII) 36. ジャンジャン町ぶるうす(五つの赤い風船) 37. ある朝こっそり(五つの赤い風船)


nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(1) 

nice! 2

コメント 7

binten

「六文銭」で検索して引っかかってアクセスしました。
おまけに「田川建三」という文字にひかれてコメント入れてしまいました。
by binten (2004-12-16 23:07) 

takaitoko

同じく「六文銭」で検索してアクセスさせてもらいました。それにしても「5年目のギター」という作品は知らないなぁ。休みの国の「追放の歌」は、シンプルながら忘れがたい作品でした。
by takaitoko (2005-11-17 14:53) 

幻泉館主人

高伊床鍬菜依田衛門さん、こんばんは♪

「追放の歌」は、先に六文銭で聴いたのです。
ずっと劇中歌だと思い込んでいました。
休みの国を知ったのは、だいぶ経ってからでした。
by 幻泉館主人 (2005-11-17 18:12) 

takaitoko

幻泉館主人さん、六文銭版の「追放の歌」は聴いたことがありませんが、雰囲気的に、恒平さんがメインボーカルだったのでしょうか?
by takaitoko (2005-11-17 19:59) 

幻泉館主人

高伊床鍬菜依田衛門 さん、そうです。
恒平さんがメインボーカルでした。

70年代後半、六文銭の2枚組み『メモリアル』がvol.1とvol.2の別のレコードとして廉価版で出た時に買ったんです。
一時期中古CDにすごい値段が付いてましたが、今はベルウッドのボックスセットに入っているので、簡単に聴くことができます。
by 幻泉館主人 (2005-11-18 04:40) 

takaitoko

すみません<m(__)m>

六文銭のメモリアルのLP・・・2枚とも持っていました。「追放の歌」もVOL.1のA面3曲目にありました。(完全に記憶から抹消されていたようです)(^_^;)

「SINGLES六文銭」というアルバムをご存知でしょうか?個人的には、それに収録されている「和歌」が好きです。
by takaitoko (2005-11-18 06:11) 

幻泉館主人

「SINGLES六文銭」持ってますよ~。
でも、数年前に中古LPで入手したものです。

「和歌」はベルウッドのBOXセットにも入ってますね。
自主制作EP盤からのボーナス曲ということなので、録音が違うのかしら

http://plaza.rakuten.co.jp/gensenkan/diary/200402110000/
by 幻泉館主人 (2005-11-20 10:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1